病理医求人サイトランキング

病理医で求人先探しをされる予定の方は当サイトをご利用下さい!

病理医は、転職や離職を選択する傾向が少なく、個人での転職活動では、良質な転職案件を見つけるのが難しくなっています。ですので、医師の転職に特化した転職支援サービスサイトに複数登録をしておくことが転職活動において有利になります。当サイトでは病理医の転職をはじめ全般の情報を掲載中ですので病理医の情報収集にお役立て下さい。

当サイトの病理医求人サイトランキングでは、取扱科目件数が充実しており専門分野の転職にも強いリクルートドクターズキャリアが1位です。 誰もが転職事業を知っているリクルートグループのサイトというのが非常に大きいですが病理医の紹介実績も随一です。まずは初回登録を無料で行ってみましょう。初回登録後は求人を閲覧できるようになります。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
充実した取扱科目件数が魅力!公開されている科目が42科目あるので専門分野の転職にも強い。
■求人数は業界トップ!常時1万件以上の求人を保有し希望条件にマッチした転職活動が可能。
■転職紹介実績の歴史が古く、転職成功のためのノウハウや診療科別の転職活動にも精通。
常勤や非常勤、アルバイトなど、働きたい勤務形態に合わせた求人が検索可能です。
リクルートグループでの転職実績は、年間で100万人以上!転職支援のプロがサポート。
■知名度が低い病理医の転職案件も多数保有。非公開求人の数も業界トップクラスの所有数です。
■独自の使いやすい検索システムが実装されているから、転職活動がとてもスピーディーに。
■認定病理医の資格取得サポートも万全です。より転職に有利になるためのサポートもお任せ。


医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■役職、病床数、病床種別、経営母体など、細かい条件からの転職先検索が可能なサイトです。
■医療業界の信頼度が厚い、株式会社メディウェルが運営する転職支援サイトだから期待度大です。
転職後の年収アップは当たり前!稀少案件である病理医の転職案件も多数所有しています。
■病理医の将来性を確実に考えて、安心出来る転職先を紹介してもらえるコンサルタントが所属。
求人数の多さでも群を抜く転職サイトです。非常勤やアルバイトの求人も多数所有。
■未経験からの転職ももちろんOK。必ず自分が求める求人が存在します。病理医の情報も豊富
■病理医というとても狭い業界の中でも、プライバシーを徹底し気まずい思いをすることはない。
■高年収・好条件の非公開求人が求人数の70%。非公開になりやすい病理医の案件も当然に存在
■経営コンサル部が存在してるので、病理医としての独立・開業もサポートしてくれる。


MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■医療従事者登録数は増加中。さまざまな医療転職情報を提供しているサイトです。
■役に立つ転職活動や転職情報を提供をしてくれるので、月間多くの閲覧を誇っているサイト。
病理医のさまざまな就業先や長所と短所を把握してくれているので後悔しない転職実現が可能。
病理医をこれから目指すという方への転職紹介も、親切丁寧に説明してくれますから安心です。
職場の環境や雰囲気なども、提供してくれ、病理医ではよくある非常勤やスポット案件も多数。
■将来をも見据えた転職活動をしてくれ将来性のある病理医の分野では特に重宝したい転職サイト。
さまざまな分野での医師転職を実現しているサイト。病理医転職もその例外ではありません。
■勤務地を限定しての病理医転職も、全国展開しているサイトだから容易にできる。


エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■最短2週間での入職が可能!スピード転職なら、エムスリーキャリアが特にオススメのサイト!
■年収1800万円以上、勤務地指定など、こだわりの条件で病理医転職が実現できる。
■病理医のような稀少案件でも、交渉に強いコンサルタントがいるので、希望条件を必ずみたせる。
病理医など非公開求人にされる案件を豊富に所有し、その中でも良質な案件に巡り合えるサイト。
認定病理医試験対策など、役立つ情報を多数提供し、病理医転職実現には便利なサイトです。
■24社もの医療業界人材紹介企業と提携しているので、さまざまな方法で転職活動が可能。
■給与水準や企業の安定性の高い転職先を紹介してくれることで有名で年収アップには特に定評。
病理医へのキャリアアップや、女医の復職などにも、有利なサイトとして評価が高い。


JMC 無料 全国 日本メディカルコネクション株式会社 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
首都圏の1都3県にとく強い転職支援サイト。首都圏の情報量が多い「医師求人JMC」
■面接時まで個人情報をしっかりと扱ってくれます。医局などのしがらみにも関係なく転職が可能。
■他のどのサイトよりも、親切丁寧なキャリアコンサルタントが所属していると評判のサイト。
■相談後にすぐにでも転職先を打診してれるから、スピーディーな対応が売りのサイトです。
あまり知名度がない病理医という職業の医療現場の事情も知り尽くしている担当が在籍。
長年の実績から、高い信頼関係を築いているサイトだから、病理医の求人案件も多数所有
■認定病理医になるための方法論や試験対策なども紹介してくれるので、登録して損はないサイト。
■ドクターにとって有利な条件を引き出すための交渉術に長けたコンサルタントが交渉を担当。


※当サイトでは病理医の求人数が多いリクルートドクターズキャリアが1位です。
※希少な病理医求人を比較的多く扱うの医師転職ドットコムもお勧めです。

病理医として転職する場合の注意点は?

医師の中でも、病理医に関しての情報というものは、あまり多く出回ってはいませんよね。病理医として転職を考えた場合には、どういったことに注意をしていけばいいのでしょうか。

知っておくべきこととしては、やはり求人募集の数を把握しておくということでしょう。病理医の医師求人数は、ここ数年は、横ばい傾向が見られています。世の中の状況において、医師不足が深刻化していたり、逆になり手が増加したりすると、毎年のように、急激に求人数が増加したり、減少したりするような傾向が見られます。しかし病理医の場合は、毎年求人数に変化が起こることはまず見られず、一緒であるというのが特徴のひとつです。

この原因としては、病理医の場合には、一度その職に就くと、転職や離職を選択する医師はかなり少なく、欠員が出て、緊急に求人を出すという傾向がほとんど見られないという特徴があるからなんですね。求人案件が減少するということがあっても、増加するという現象は、ほとんど見ることがないと言えるのです。

一般的に転職が成功しやすく、よく求人募集も出ている医療機関は、総合病院などの大規模な医療施設と言えます。こういった医療機関では、業務の増加などを見越して、事前に人員を補充しようと先立って動くことが多いですから、よく市場でも募集案件を見ることができるんですね。ですから病理医の転職活動のコツとしては、こまめに求人情報の情報収集を行っておくということにつきます。

病理医はその業務内容から、直接患者さんとコンタクトを取り、問診をしたり、診断をしてアドバイスをするとか、コミュニケーションを取りながら治療を行う機会はありません。しかし、患者さんの細胞を細かに検査をして、病気の診断を決定するという役割であるために、ある意味では、どんな診療科の医師よりも、深く患者さんと関わる必要があるといえるわけです。

病理医として、転職を希望し、採用されるためには、こういったことをしっかりと把握しておき、それぞれの医療機関に求められるスキルをしっかりと身につけておくことです。人間性として求められる傾向としては、実直な性格であるということ。そして病理医としての判断能力の高さを磨くこと。そして専門的な知識を豊富に有していることなどが挙げられます。転職の注意点として、これらのことを頭に入れ、転職しやすいエリアや医療機関などを把握すること。そしてさまざまな医療機関などから求められる人材になりましょう。


>>希少な病理医の求人はリクルートの転職サイトで探す!<<

病理医に強い医師の転職サイトは?

病理医として転職を考えている場合、個人レベルでの転職活動では、はっきり言って良質な転職案件を見つけることは、難しいと言えるでしょう。求人情報の収集方法は、インターネットで検索をする方法や、新聞広告。さらには、有料や無料の転職情報誌で探す方法。ほかには、自分自身のコネクションを使うなどの方法が考えられますね。

しかし病理医の募集案件は、毎年求人数が変化することがないのです。ポッと案件が出てくるなんてことは、なかなかにありえない。しかしながら、それを諦めずに、こまめに前述に挙げた媒体をチェックしていなければ、良質な求人に巡り合うことはできないわけです。

一度その職に就くと、定年を迎えるまで、定着するいう傾向が強い病理医の世界ですから、地道な情報収集活動は必須になってくるわけです。ここで利用しておきたいのが、医師専門の転職支援サービスサイトですね。るクルーとドクターズキャリアや、CBネット、医師転職ドットコムなんていうような転職支援サービスサイトが有名ですが、こういった医師の転職に特化した転職支援サービスサイトに複数に登録をしておけば、稀少案件とされている病理医の求人が出た瞬間に紹介してもらえることになるのです。

新しい情報が出てくれば、すぐに紹介してくれるシステムですから、わざわざ冒頭にあるような媒体を自分でこまめにチェックするという手間が省けることになるでしょう。現役の医師として仕事をしている上で、転職活動をするとなったとき、これほどのメリットはあるでしょうか。労力がかからない転職活動ができるのは、最大のメリットと言えるのではないですか。 どの職業でも、転職活動を行う上で、大切になってくるのは、情報収集力です。募集案件を探すことも情報収集のひとつですし、その募集をしている医療施設が提示している条件を把握することも、当然に情報収集です。また転職を実現させやすいエリアを知っておくことも、情報収集ですから、すべてにおいて情報収集が必要になってくるわけです。

こういった情報は、たったひとりの個人のレベルでは、たかが知れているわけですよ。転職支援サービスサイトに登録をすれば、専任のキャリアコンサルタントが、あなたが知りたいさまざまな情報を、もれなく提示してくれることになります。自分では把握することができない、転職先の職場環境や、職場の人間関係やその場の雰囲気などの情報も提供してくれますから、転職におけるミスマッチが起こりにくいのが最大のメリットなんですよね。

>>リクルートドクターズキャリアで病理医の最新求人を探す<<

病理医の転職成功のコツは?

病理医として転職を目指しているのであれば、病理医の転職活動のコツというものを、しっかりと掴んでおく必要があるでしょう。まずは病理医の求人状況というものは、最低限でも、転職を始めた瞬間から、把握しておくべきことではないでしょうか。

基本的に病理医に関しての求人数は、医師不足が叫ばれてはいるものの、医師不足の代表的な診療科である産婦人科や小児科などと比較すると、そこまで多くはないということが挙げられます。病理医は専門医の資格を取得しているということが前提にあり、病理医の資格を取得するだけでも、非常に時間や労力を有する専門医です。

ですから一度就業する職場が決定すると、なかなかにその職場から転職や離職をするというケースはレアケースだといえるわけです。ですから追加募集として出てくるケースでも、定年による退職を余儀なくされるようなパターンと、女性の病理医が、結婚をしたり、妊娠・出産をするために、退職をするケースくらいしか考えられません。

一般的に通常の診療科目の医師は、その医師生命があるうちには、平均で4.5回の転職をすると言われています。転科をしての転職も含め、これだけの転職をするということが多い医師の世界において、病理医だけは違った傾向が見られているんですよね。つまりはなかなかに転職を考えることがないということになるのです。ですから、良質な条件を提示してくれる医療施設であればあるほどに、なかなかに募集案件が出てくる確率は低いということがいえるわけです。

こういった同じ医師という分類ではあるものの、他の診療科目とは全く違う転職事情にあるということを、しっかりと把握した上で、転職活動を行っていかなければ、転職後にミスマッチを感じ、転職が失敗に終わるというケースも充分に考えられるんですね。転職を決めて、離職をしたのは良いものの、あると思っていた求人がなかなかに出てこないというケースも充分に考えられますから、注意をしましょう。

こういった転職活動におけるミスをなくすためには、医師の転職支援に特化した、転職支援サービスサイトを利用することが一番でしょうね。上記に挙げたような情報も、それぞれに存在しているキャリアコンサルタントが、より詳しい情報を提供してくれることは間違いありません。求人数に関しても、増加傾向にある時期や逆に転職を避けるべき時期なども教えてくれますから、成功の確率が格段に違ってくると言えるのですよ。

病理医の募集先の事例は?

病理医は医師の仕事の分野において、必要不可欠な存在です。一般的には病理医の知名度は、格段に低いことでしょう。花形である外科医や内科医なんてものの存在は知っていても、病理医の存在をしっている一般人は少ないと言えるでしょう。

病理医は、各医療機関には欠かせない存在であることは、充分に承知していることでしょう。しかしながら、現実的な問題としては、専門医として認定を受けている医師は、はっきり言って少ないというのが現状としてあります。そのため、新たに認定病理専門医の資格を取得した医師であったり、キャリアアップやスキルアップを目的として、転職をしたいと考えている医師にとっては、病理医の転職については、将来が明るく、大きなチャンスがあると言えるでしょうね。

病理医の実際の募集先の事例としては、募集科目は病理診断科で、年収が860万円から1100万円。主に病理診断と、剖検、CPC症例検討会などの業務を任されるというケースが多いですね。CPC症例検討会とは、臨床病理検討会の略称です。CPCといえば、病理解剖が行われた症例を対象に行なっていく、剖検CPCが一般的ですが、近年では、診断が確定してから、その後の治療方針などを検討するために行う外科病理CPC (生検CPC)も行わなければなりません。

上記のような募集が出てくる医療施設の傾向としては、やはり大規模な総合病院であったり、それぞれのがん拠点病院。さらには、各地域の救急指定病院などが多いと言えるでしょうね。これらの医療施設での需要が高い理由としては、的確であり、かつ迅速にデータ化できるスキルをもつ病理医が病院内に存在していることで、さまざまなケースにおける診療方針が立てやすくなるというメリットが考えられるからです。

病理医として、希望する条件のために転職をするという形だけではなく、たとえば、女性病理医が結婚や出産などの理由でやむなく離職を余儀なくされ、それがひと段落ついたから職場復帰をするというケースでも、病理医として復職することができるような案件も多く存在しています。募集先の実例を見ていってみると、一般病院の他にも、さまざまな研究機関であったり、大学に設置してある研究施設の案件も多く見られます。さらに一般企業が開設しているような医療系の診断センターなどでも募集が多くかけられていますから、募集人員の数こそ1名などと少ないものの、広い分野での転職先が期待できると言えるでしょう。


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.