病理医求人サイトランキング

シンガポールの病理医求人

病理医の中で転職を考えているドクターの中には、東南アジアなどの医療途上国と呼べるような場所で、病理医として転職したいと考えている志の高いかたもいらっしゃることでしょう。ここではシンガポールへの病理医転職を紹介していきましょう。

まず病理医を問わず、シンガポールで医師として働くための方法を、覚えておきましょう。日本とシンガポールには、医師免許の二国間協定というものが成立しているために、基本的には、日本の国家資格を所有していれば、無条件でシンガポール政府に医療行為というものを申請することが可能です。つまりは日本の医師免許や病理医という専門医の資格を有していれば、基本的には診療行為を行うことが可能だということなのです。

しかしながら、許可を取得できる人数が制限されていて、日本人医師であれば15人までという制限が設けられています。また自由な医療活動が認められていいますから、開業をすることも可能です。

現在シンガポール国内において、日本でいう病理医の資格を有している専門医は76名と言われています。人口は500万人ほどと言われていますから、日本で言えば北海道が550万人であり、一番違い数だと言えるでしょう。北海道は人口550万人の中に、専門医は101名存在していると言われています。北海道というエリアでも、当然に日本では、病理医の不足が叫ばれているため、シンガポールでも、当然に十分ではないということが言えると思います。

また日本とシンガポールの病理医の違いとして、シンガポールという国は、国民全体が若いということもあり、レジデントの数が非常に多いという特徴があるのです。また日本の病理医とは違い、病理診断をバンバンと行っている病理医ばかりですから、スペシャリストが多いということも、覚えておきましょう。日本の場合であれば、週に1、2度だけ病理部と手伝い程度の活動しか行っていないというドクターが多いですが、シンガポールでの病理医の働き方は断然に違っていると言えるのです。

また病理剖検があまり行われていないということも覚えておきましょう。こういった国よっての違いというものがありますから、シンガポールでの病理医というものが、どういった仕事を受け持っているかというのを、十分に情報収集してから、転職活動なりを行っていくべきでしょう。こういったものは、海外の医療事情に詳しい転職支援サイトから情報を収集するのが一番ですよ。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.