病理医求人サイトランキング

アメリカの病理医求人

病理医というスキルを十分に活かし、転職をしたいと思っているドクターの中には、日本を飛び越えて、海外で転職をしたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。医療の世界だけでなく、日本人が海外転職先として希望する国のもっとも人気の高い国はやはりアメリカです。アメリカは医療の世界でもトップリードをしている国ですから、アメリカへの転職を希望されているドクターも多いことでしょう。

アメリカで病理医になるためには、一般的には、Medical Schoolを卒業した後、インターン、医師資格試験を受け、レジデントになり、その上で専門医教育というものを受ける必要が出てきます。まずこの第一段階のMedical Schoolの卒業というものが、まず難しいと言われていて、数というものが少なく、アメリカ人の中でも、非常に競争率が高いと言われている難関の大学なのです。外国人が入学するという自体でかなり難しいと言われているんですよね。ですから、アメリカで病理医の資格を取得することは、本当に難しいことだと言えるでしょう。

アメリカで病理医として働きたいと思った際には、大学病院で働くパターンと一般病院で働くパターンとに分けられるでしょう。大学病院への転職の場合には、インターン、レジデント、教官という3つの身分のうちのどれかで働くことになります。しかしながら、インターンも競争率が高く、なかなかに難しいという現状があるのです。

レジデントの場合には修了をすれば、アメリカでの専門医の資格を取得することができます。通常修了するためには、3年かかると言われていて、応募をする際には、最低一年のインターン経験が必要とされています。修了の条件もあり、規定の雑誌に論文が掲載されることと、専門医試験に合格をすることが条件になります。

こういったことを見てみると、アメリカでの病理医の道というのは、非常に難しいということがわかるでしょう。日本でも病理医の資格を取得し、病理医として活躍するためには、相当な時間が必要とされていますよね。アメリカの病理医は、特にその守備範囲などが広く、より深く最先端の専門性が要求させることになるために、なかなかに簡単には、病理医としての地位を獲得することすら難しいと言えるでしょう。

それでも目指したいと思っているドクターは、リクルートドクターズキャリアなどの海外転職にも強い転職支援サイトで、どんなことが必要なのかをまずは情報収集していみることを、断然にオススメしますよ。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.