病理医求人サイトランキング

30代の病理医求人

病理医というのは、一般の医師のように患者さんを直接診察する医師ではなく、患者さんのレントゲン写真や顕微鏡での細胞の観察などを総合的に判断して病気の診断を下す医師です。この病理診断があって始めて患者さんの病気の真実が明らかになります。そのため、病理医は病院になくてはならない重要な存在です。ところが一般的にあまり知られていない専門職であるため、大変な人材不足になっています。そのため、病理医は需要が高く、求人も多いという現状があります。全国の医療機関は7000以上ありますが、病理医はその半分にも見たない人数です。

30代の病理医の転職は、病院にとっても歓迎材料で売り手市場と言っていいでしょう。卒業後7年程度を経ており、病理医としての専門性を有しており、しかも経験を積む時期でもあります。体力もあり、年齢的にも破格な待遇を求められることがないため、この年代は医療機関にとっても最も欲しがる人材と言っていいでしょう。病理医にとっては転職の絶好のタイミングでもあります。圧倒的に売り手市場と言ってよく、求人は数多くあって選択肢もかなり幅広くあります。勤務地や報酬だけでなく、その施設で学べることは何か、忙しさはどの程度か、職場の雰囲気はどうかなどを確認しながらじっくり転職先を選べるのが30代の病理医の転職です。

この時期に気をつけたいのが、選択肢が豊富にあるため、もし合わなければまた転職したらいいと安易に転職してしまうケースです。短期間で転職を繰り返すと、転職先としては「この人物には何か問題があるのではないだろうか」と思われがちです。病理医は他の専門医とはまったく違った職種です。病理医がいなければ患者さんの治療に困難を生じるほどに重要な役目でありながら、実際には患者さんに直接会うことはありません。病院内の研究職的な立場で、特殊な存在です。そのため、転職にあたっては病理医の特殊性を良く理解したうえで活動すべきでしょう。病理医の転職で強みなるのは、症例数とその内容です。実際にどのような症例に関わり、どういった結果を出したのかが重要です。そのうえで専門性を高めるために多くの症例が経験できる施設を選びたいとか、自分のやりたい医療に少しでも近づきたいという希望があることなどを伝えましょう。病理医は常に研究と新しい知識を吸収していかなければならない仕事です。どのような病院に所属するにせよ、多彩な症例に対応できる力が必要です。安易な道を選ぶための転職ではなく、先を見据えた転職であることをしっかりアピールしましょう。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.