病理医求人サイトランキング

病理医のキャリアパス

一般にはあまり知られていない病理医ですが、病理医になるには次のようなステップ―キャリアパス―が求められます。

まずは大前提として、医科大学や大学の医学部を卒業し、医師国家試験を受けて合格しなければなりません。その後医療機関にて2年間の医師臨床研修を修了します。これが「研修医」と呼ばれる立場です。ここまでは他の診療科医と同じ。ここから外科医なら外科へ、産婦人科医なら産婦人科へと職場を選んで経験を積んでいくわけですが、病理医の場合、大学や病理学会認定施設で4年間専門医研修を受けて必要な実務経験を積まなければなりません。研修先としては病理学会認定病院の病理診断科や病理部、大学病院病理診断科や病理部あるいは大学病理学講座、大学院などがありますが、病理学には関係のない一般の外科や内科に就職した後病理の大学院に入って病理専門医を目指す人も多く、つまり医師として働いていればいつでも病理医を目指すことができると言えます。それぞれの特徴としては、病理学会認定の病院はそれぞれの病院ごとに症例に偏りがでてくるものの最も臨床に密接した外科病理ができる所、大学病院病理診断科や病理学講座は多少教授のサポートや学生教育なども求められるとは言え幅広い症例を経験できる所であり、この2つは病理専門医の資格取得の最短ルートということができます。一方で大学院は研究が主体となるため必要な経験数を積むのに時間がかかりますし、病理学と関係のない一般外科などを通ってからの大学院ともなれば、当然それだけ遠回りをすることになります。

専門医研修時期に積んでおかなければならない経験としては、20例以上の解剖経験を経て死体解剖資格を取得していること、病理組織学的診断を5000例以上、術中迅速診断を40例以上、細胞診経験症例数1000件を申告していること、主執刀医として病理解剖を40例以上、人体病理学に関する論文を学会で3編以上発表していることが含まれます。これに加えて病理組織診団・細胞診・病理解剖に関する指定された講習会を受講すれば、病理医専門医試験の受験資格を得たことになります。

病理専門医試験は筆記と実技とに分かれており、診断能力を検定する為に2日間にわたって行われます。これに合格すれば晴れて病理医専門医となるわけですが、資格取得から5年ごとに資格審査が行われ、これを経て資格を更新しなければなりません。資格更新には、日本病理学会が開催あるいは後援する集会への出席や人体病理学に関する学術論文の発表などによって100単位以上を習得していることが求められています。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.