病理医求人サイトランキング

大学の病理医の転職

現在病理医の求人のほとんどは、大学病院での求人がほとんどでしょう。一旦病理医という職種に就き、ひとつの就業先に入職すると、ほとんどのドクターがそこから離れないという傾向が見られます。現在日本国内には、1800名程度の病理しか存在していないと言われています。毎年新しく専門医の資格を取得し、病理医になる新米病理医も、年に80名程度と、他の診療科のドクターと比べては、かなり少ないということが言えるでしょう。

病理診断というものは、ほとんど全ての診療科と関連しているものです。疾患の確定診断の大元になるものであり、核心となるものですから。特にガンなどの場合には、最終診断になることですし、治療の効果範囲の判定などにも用いられる非常に重要なものです。ですから、研究などを主にしている大学病院での需要というものは、当然のようにあると考えていいでしょう。

また病理解剖によって得られた診断を検証することは、病院の医療監査にもつながっていく大変に重要な業務だと言えます。現在、医師臨床研修制度が新しく導入され、CPC研修が必修化されました。このことで、各研修病院には、最低1人の病理医の設置が義務付けられていますが、現状では対応できていない医療機関がほとんどという状況なのです。

こういったことからも、新人医師の研修先になるであろう大学病院を始めとした、中大規模な病院機関では、病理医の需要が高くなってきている状況なのです。研修先の病院施設というものは、大抵のエリアによって、決まっているようなものですからね。その中でも大学病院は人気の高い研修先だと言えるでしょう。また、近年では医療関連死の検証にも、病理医の協力が求められているような状況ですから、ますます病理医の需要がさまざまな方面で高くなってくることが予想されているのです。

外科の病理診断や、病理解剖診断は、各課の臨床医師とは、別の第三者としての立場に立たされることが多く、患者に対しての責任は非常に重いと言われています。つまりは、同じ組織に所属する臨床医の診断や治療における、粗探し的な役割も任されることが多いということであり、気まずい状態に置かれる可能性も少なくはありません。こういったデメリットは、大学病院のような医局制度がまだまだ根強く残っているような、つながり社会の閉鎖的な病院施設では、かなりデメリットになる可能性がありますが、それでも需要が高いというところが、大学病院という医療施設なのです。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.