病理医求人サイトランキング

病理医の独立・開業

病理医として医療業界で働く方法として、転職などをして、どこかの大学などに所属をし、病理医として活躍する方法がスタンダードですが、独立・開業をして自分自身で病理医を行なっていくという方法も存在します。

現在日本全国の病理医は、1800人程度。毎年新しく病理医になる人数は多くて80名足らず。病理医を常勤医にしている医療施設であっても、1つの医療施設にたった1人の病理医というのが、現在の日本におけるスタンダードな病理医の現状なのです。ほとんどの医療施設が非常勤や、アルバイト。また外注などを利用して、病理診断を行っているケースがスタンダードですから、独立・開業をしても、さまざまな仕事が回ってくることになるでしょう。

医療機関が病理医を招聘し、病理診断科を標榜できるのはおおよそ300床以上のときですから、300床以下の医療施設である場合には、効率性や採算性などを考えて、病理検査室が設置されない傾向が強いのですよ。しかし300床以下の医療施設であっても、病理診断などを必要とするケースが存在しているわけですから、こういった場合には、独立開業などをしているような、外注専門の病理医に依頼をするというケースが出てくるのです。

病理医の生活パターンには、3種類の方法が考えられます。大学において研究者として病理医を行なっていくこと。現在日本に存在している病理医の半数以上が、このパターンをとっています。また特定の医療期間における、医療チームの一員としての病理医というパターンです。そして個人クリニックを独立開業して、病理医を続けていくということですね。個人クリニックを開業し、病理医として活躍するためには、組織診断・細胞診断をすると同時に、病理医自身が穿刺細胞診(FNA)を施行して診断するということも前提に置いておかなければなりません。

他にもそれぞれの医療施設などに、人脈や独自のパイプなんてものを持っていたり、業界の人間に自分が病理医として開業しているということを、しっかりと宣伝していくということも、大事な作業のひとつになっています。転職支援サービスサイトに登録し、病理医の求人を出している医療施設の情報を集めるというアクションも、何気に効果的ですし、営業をかけやすい状況に持っていけると思います。病理医に関しては、まだまだ欧米諸国と比較すると、後進国であると言わざるを得ません。しかし将来的には明るい状況にありますから、独立開業もひとつの方法として、選択しても間違いない道であると言えるでしょう。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.