病理医求人サイトランキング

病理医の女性の割合

医師の職種のひとつとして、病理医になるという選択肢もそのひとつでしょう。病理医という職種は、病理診断というものを行う専門職であり、専門医資格を有していないと、病理医になることができません。国家資格を取得した後、5年以上の病理診断歴を有しているということがその条件であり、その他にも、さまざまな条件を満たしていなければ、病理医として認定されることはないのです。

病理医というものの就業スタイルなどから、現在では女性の成り手が急増しています。男性に比べても、その割合というものが増加傾向にあるのです。現在日本全国に存在している医師の数は28万人と言われています。その中で女性のドクターは全体の17パーセント程度にすぎません。ただ年々に増加傾向にあるという状況であり、将来には、医師の3人に1人の割合で女性のドクターが存在するという状況になることが予測されています。

ただし女性の人生は仕事ばかりではありません。結婚というものがあり、出産や育児という大変な人生のイベントが待っています。このことから、離職経験のある女性ドクターは、55パーセント。生涯離職率は70パーセントを超えると言われています。そして離職時の年齢についてですが、その86パーセントが35歳未満での離職ということになるのです。つまりは、育児を落ち着かせて復職を目指すには十分な年齢での離職が多いということなのです。

病理医の仕事は、患者さんとの関わりがないために、比較的自由に時間を使うことができます。オンコールや当直などの勤務もありません。臨床と家庭の両立をすることが、他の診療科と比較すると、容易に行うことができ、家事や子育てなんてものを重要視していても、十分に医師として活躍することが可能なのです。また病理医は、他の診療科ほどに、体力を必要とする診療科ではないのです。

こういったことから現在では、女性の病理医の成り手というものが、急増している状況です。特に離職してからの復職先として、病理医という職種を選択する女性ドクターが多くなっているのです。またこういったメリットがある上に、給与が他の診療科とさほど変わらないというところが、最大のメリットでもあります。シングルマザーの女性ドクターの転職先としても、かなりおすすめできる案件ですから、病理医の専門医としての資格を取得することから始めてみましょう。ただ病理医の求人は限られていますから、医師専門の転職支援サイトなどを上手に活用していきましょう。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.