病理医求人サイトランキング

病理医の研修

病理医になるためには、さまざまな条件をクリアし、専門医としての資格を取得する必要があります。たとえば、日本病理学会では、年に1度病理専門医の認定試験を行っていて、これに合格すれば、病理医として認められることになるわけですが、受験資格として、2年間の臨床研修後に、4年間の専門医研修が求められているというのが現実です。この条件をクリアしない限り、病理医になることはできません。つまり最短の場合でも、医学部を卒業後6年の研修を受けたのち、7年目に受験し、合格して晴れて取得することができる非常に時間のかかる資格だと言えるのです。

病理医として認められるには、、日本病理学会認定病理専門医および日本臨床細胞学会細胞診専門医の資格を取得することが必須条件になってきます。大学病院の病理部に入学すれば、病理医の資格を取得するためのさまざまな研修などを受けることができるでしょう。たとえば北海道大学などでは、卒業から10年間という長い期間を一区切りにして、独自の育成プログラムを行っています。つまり、医学のプロフェッショナルを育成する医学部ですら、病理医になることの難しさや重要さを理解しているということになります。

病理医研修の主な内容としては、医学部卒業後、早い段階で、各自の研修施設が提供するカリキュラムに従って基本診療科目を中心に研修していきます。次のステップとして、病理専門医研修カリキュラムなどに沿って、外科病理診断や細胞診、病理解剖などの基本的診断技能・知識を学んでいきます。それらに併せて、症例報告を含めた論文発表や、病理診断学に基づく学術研究を行っていきます。

こういった病理医になるための、研修プログラムなどを受けるためには、やはり大学の病理部に入学するであるとか、日本病理学会などが行っている研究会や講習会に参加するなどの方法で、さまざまな情報を収集していく必要があるでしょう。この研修課程をクリアしなければ、病理医の資格試験を受験する条件をクリアできていないとみなされるために、病理医への道は閉ざされてしまうことになるのです。

さまざまな知識をデスク上で学ぶのではなく、臨床研修と専門医研修を確実に受け、実績から獲得することができるスキルが必須条件になってきますから、個人レベルの努力では、到底受験資格をする条件をクリアすることができません。病理医への転科をして転職をしようとしている場合などには、医療業界の事情に詳しい転職支援サービスに登録し、病理医までの最短ステップを紹介してもらうことが一番の道のりだと言えるでしょう。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.