病理医求人サイトランキング

病理医の仕事内容

病理医の業務内容は、同じ医師という分野にいる人間でも、なかなかに把握している人間が少ないというのが特徴ですね。かなり志を高く持ち、自分のキャリアやスキルをアップさせたいと思わない限り、病理医になりたいとも思わないから、知らなくても当然だと言えるでしょう。

病理医の主な業務内容としては、病理組織診断と細胞診断が挙げられます。組織診断は、生検や外科手術により患者さんより採取された組織から標本を作製し、顕微鏡などにより病理医が診断をするという仕事です。細胞診断は、胸水や腹水などの体腔液や、喀痰や尿、子宮頸部、気管支、乳腺、甲状腺などから採取された細胞から標本を作製して、細胞検査士が全て検鏡した後、細胞診断指導医とともに診断を行うという業務になります。

次に、術中迅速診断です。これは手術前に診断できない病変などに関して、手術中に癌の転移や広がり、病変の有無を調べるため、凍結標本を作製して病理医が診断を行うという業務になります。手術中の病変、胸腹水などから細胞を採取して標本を作製して、診断を行います。この細胞診断により術中に病変の診断や進行度などが判断できるようになるのです。

そして病理解剖です。死亡した遺体に関して、遺族の承諾を得た後、肉眼での診断を行い、組織学的に再検討を行います。生前の診断や治療が正しかったかどうか検証することができますし、診療水準の向上と医学の進歩に非常に役立つ業務であると言えますね。

臨床病理検討会も大事な業務のひとつになります。これは、病理解剖を行った症例について、担当した主治医をはじめ、その指導医や病理医などと診断と治療、そしてその死亡原因などに関して検証を行い、医療レベルの向上を行うという業務になります。また医学生や研修医、そして若手医師などの、必須教育の場となっているのが現状としてあります。

その他にも病理専門医を育成するということであったり、その幅広い知識とスキルを利用して、学生の教育をするというということも、大事な業務の一環になっています。患者さんと直接コミュニケーションを取る機会はないものの、他の診療科目の医師とは、頻繁にカンファレンスなどを行い、コミュニケーションを取る機会も求められます。研究職のイメージが強く、コミュニケーションスキルは必要ないと思われがちな病理医ですが、他人との接触は多いですから、コミュニケーションスキルを磨いておくことも、業務をスムーズに進めていくために必要なことであると言えるでしょう。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.