病理医への転科は可能?

病理医への転科は可能?

医師として働く方は数多くいらっしゃいますが、それぞれで担当する診療科が異なるのは当たり前の事になります。小児科や産婦人科、外科や内科などさまざまな科が病院にはありますが、それによって担当する医師も異なり、その医師が学んできた、専攻してきた事もその担当となる診療科に関して学んできたのです。

基本的にはずっと専攻してきた診療科を続ける事の方が多いでしょうが、人によっては途中で診療科を変える、つまり転科する事もあります。しかし、転科といってもこれまでに学んできた範囲でしか医師として転職をする事しか出来ません。例えば消化器内科をしてきた方は内科に関する勉強は行なってきたので転科をする事が研修なしでも行なう事が出来ると言われています。医師としての転科はそういった今までしてきた事等も関係してきますので多少厄介な面はあります。

もちろん中には転科をする事が出来ない、つまり科を変える事が出来ないケースもあります。それは資格や許可が必要になる科になります。麻酔科のようにしっかりと必要な資格の必要な科に関しましては他の科からの転科を行なえないと言われています。それと同様に、病理医も難しい事でしょう。というのは病理医は病理医の資格をとる為に長い道のりが必要になるのです。主に病理医になる為にはまず5年を超える程の病理診断の経歴、病理解剖50以上、病理診断3千以上、迅速病理診断50以上、解剖経験、しすて試験に合格するというさまざまな条件を満たして始めて病理医として活躍する事が出来ると言われています。

ということでは一切病理医としての経験がなく、条件を全く満たしていない方は病理医への転科は難しいのではないでしょうか。病理医への転科はまず難しいと考えて良いでしょうが、違った形で、病理医が違う病院へ転職する事は可能というのは当たり前のことになります。給料の良い病理医とはいっても病院によって待遇も職場環境も全く異なってくるケースが多いです。より良い職場へと転職をするという事を考えるのであれば転職サイトを利用する事がおすすめになります。転職サイトではより良い求人情報を紹介してくれますし、転職への手続きを行なってくれますので快適に利用する事ができますのでおすすめです。

現代では病理医が不足している傾向にありますので、途中からでも病理医へ転科を考えている方はまず、どのように転科するのが効率が良いのか調べてみてはいかがでしょうか。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.