病理医求人サイトランキング

病理医になるには?

医学生時代から病理医になることを目指している人なら、大学課程を修了し医師国家資格を取った後2年間研修医としての経験を積み、病理学会認定施設の病院で4年間必要とされる実務経験を経て病理専門医認定試験に臨むというのが最短ルートです。あるいは大学病院の病理診断科や大学病理学講座でも4年間同様の経験を積むことができます。

しかし現在のところ、最初から病理医を目指していたというよりは内科や外科など他の一般科目を選び経験を重ねていくうちに病理学に関心を持つようになって病理医を目指すようになったという人が殆ど。では具体的に、他科から病理医になるためにはどうすれば良いのでしょうか。

直接病理医を目指すにせよ他科から転科するにせよ、病理医として働くには日本病理学会が年に1回行う病理専門医認定試験を受験し合格して病理専門医の資格を取得する必要があります。受験資格は研修医終了後の4年間の病理専門医研修の間に20例の司法解剖、人体病理学に関する論文あるいは学会報告を3編以上、病理組織学的診断を5000件以上、術中迅速診断を40例以上、細胞診経験症例数申告書を1000件以上、主執刀医として病理解剖を40例以上を経験した上で、病理組織診断・細胞診・病理解剖に関する指定された講習会を受講することで得られます。これら必要条件を満たすには当然病理部や病理診断科のある市中病院あるいは大学病院で働く必要がある為、医学生時代から病理医を目指している人なら冒頭で触れた方法が最短ルートになるというわけです。

しかし前述の通り、外科や内科など他科に勤めている医師が病理医を目指すとなると、まずは一旦今働いている科目を辞職し、病理の大学院に入ってあらためて病理専門医認定試験の受験資格を身につけていかなければなりません。いくら外科や内科医としての経験を積んでいようと、病理医としての経験を積むことのできない他科にいる限り病理専門医認定試験の受験資格を満たすだけの経験を積むことはできないからです。病理の大学院で受験資格を満たし、認定試験に合格すれば晴れて病理医として働くことができます。勿論最初から病理医を目指す人と比べれば回り道をしたことになりますが、逆に言えば医者として働いていればいつでも病理医を目指し達成することが可能ということです。

晴れて病理医となれば、市民病院の病理科や大学病院の病理部、病理学教室、検査センターなどで働くこともできますし、病理診断専門医として開業することも可能です。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.