病理医求人サイトランキング

病理医の資格は?

病理医になるには、まず医師免許を取得していることが必要になります。大学の医学部で学び、医師の国家試験を受験して合格することです。また、外科医や内科医と同様、2年間は臨床研修を修了しなければいけません。さらに病理医は専門医ですので、そこからさらに専門医研修が必要になります。研修が終わった後に、日本病理学会が実施する専門医試験に合格して、初めて病理医となることができます。4年間の専門医研修では、5年以上の病理診断歴と50体以上の病理解剖を経験し、さらに50件以上の迅速病理診断、3000件以上の病理診断経験を実践していきます。厳密に言うと、専門医試験は必須ではありませんが、日本病理学会では日本の病理医での業界水準を定めており、その基準を順守せずに病理医としての仕事を行うことは極めて困難です。

病理医は専門医ですので、医師の国家試験にパスして臨床研修を行えばすぐに資格を得られるというものではありません。臨床、勝利診断、病理解剖などの多岐にわたる実践的な経験を経て、なお試験を受けて合格しなければなりません。医師免許試験だけでも大変ですが、病理医はそれに加えて数々の経験をこなして、多岐にわたる専門知識を必要とする専門職です。病理の専門医の責任は重大です。病理診断によって患者さんの運命が左右されるからです。病理診断はすべての臨床と関係しており、疾患の診断確定を行います。病理診断によって悪性疾患とされれば、臨床でもそれは悪性疾患と診断されます。病理医の診断は絶対的な診断として信頼されます。それだけ重大な立場にあるため、病理医になるには、多くの時間と労力を投入しなくてはいけません。

病理医は決して派手な仕事ではありませんし、直接患者さんを受け持つわけではないですが、責任は非常に重い仕事です。なり手が少ないということが問題視されています。そのため、多くの病院で病理医を目指すための研修を積極的に行っています。たとえば東京逓信病院では、病理診断のプロフェッショナルを育成するためのプログラムを組んで病理医を目指す人を後押ししています。研修設備を揃え、各臓器の病理診断について必要充分な研修をさせる体制を整えています。病理部の部長クラス、医長クラスが直接指導にあたり、細胞診では細胞検査士も研修に参加して密接に指導を行う方針です。分かりやすい病理診断を目指し、病理医に必要なインフォームドコンセントを共に考えていこうとアピールしています。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.