病理医求人サイトランキング

病理医のやりがいは?

毎日ひたすら顕微鏡を覗いているだけの病理医は、治療や手術にあたって直接患者さんと触れ合うわけでもなく、あまり医師としてやりがいを感じることができないのでは?と考える人もいるかもしれません。実際患者との触れ合いを何よりもやりがいとしている医師にとっては物足りない職種に感じるかもしれませんが、実際には病理医には病理医特有のやりがいがあります。

そもそも病理医の仕事とは、細胞診や組織診などによって患者の病気やその進行度を的確に判断し、最も適切な治療を受けられるようにすることです。「ドクターズドクター」とも呼ばれるように、臨床医が肉眼やX線、エコーなどでも判断できないことを徹底的に調べ上げ、その結果と今後の治療予定についてアドバイスしていく立場であり、 患者の健康と命を守る上での司令塔、縁の下の力持ちとなっているのです。この役割の重要性を考えただけでも、病理医の仕事は非常にやりがいのあるものと言うことができます。特に腫瘍の治療という面では、良性か悪性かを肉眼で判断することは非常に難しく、その進行度や転移の可能性などの判断にも病理医の存在は欠かせません。そのため癌センターなどには必ず病理医が1人は常駐していることが求められているのですが、そのような場面での病理医の果たす役割は非常に大きなものと言えます。また「消化器科」「循環器科」などと特定の臓器に特化しておらず、ほぼ全ての臨床科に関係するため守備範囲が広くしかも深い知識が求められること、更には遺伝子を見るような分子病理学的判断など今後医学の発展と共に任される分野がどんどん広くなっていくことも、病理医特有のやりがいになると言えます。

また、病理医には「剖検」という病死した患者の遺体を病理解剖するという特有の仕事があります。死因がよく分からないまま亡くなった患者を剖検にかけることでそれがハッキリしたり具体的にどんな状態になって亡くなったのか詳細な点を知ることができたり、生前に訴えていた症状に納得がいったりと、亡くなった患者についてハッキリ理解できた時に、病理医の仕事にやりがいを感じることができますし、賛否両論があるとはいえ遺族から感謝されることもあります。

更に、病理医の中には診断病理医としてではなく研究医としてバリバリと研究することを望む人もいます。研究によって新たな治療法を発見したり原因を解明したりすることができれば、医学の大きな進歩に貢献することになります。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>病理医の人気求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 病理医求人サイトランキング All Rights Reserved.